GOOD LUCK !!

過去を記すこと、未来へのメッセージ。 believe in myself

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--/-- --:--| スポンサー広告
雨の旋律
 ―11月23日。土日祝を除き、僕はもう、今日でちょうど2ヶ月間もこの6時32分発の快速に乗り続けている。この電車に乗ると、クラスで一番に学校に到着することができる。学校に着いて何をするわけでもなく、ただベランダで次々に登校してくる生徒を眺めたり、ゆったりと流れる空を眺めたりしている。たまには単語帳を開いて勉強をする日もあった。だが、わざわざ親の反論を押し切ってまで朝早くその電車に乗っているのは、それが目的だからではない。バイトも部活も何もしていない僕にとっての唯一の楽しみがその時間にあるからだ。
 2ヶ月前のあの日に、偶然見かけたその子は、毎日その時間に1番前の車両に乗っている。いつも何かの本を読んでいるが、ブックカバーをしているので何を読んでいるのかはわからない。何か難しい本を読んでいるかもしれないし、僕でも読んでいるような小説かもしれないし、あるいは何かの単語帳という可能性もある。
 とにかく、僕はこの2ヶ月間、その子をひと目見るために朝早く起きて誰よりも早く登校している。だがこの行為を自分で馬鹿らしいとは思わない。朝早起きをすることで、身体の調子もよくなってきたし、うまく時間をみつけることができて、勉強の方も右肩上がりに伸びてきている。初めの方は、親も早起きに付き合わされてガミガミ文句を言っていたが、急激に伸びたテスト結果をみてからは特に何も言わなくなった。
 この時間だけは誰にも邪魔されたくなかった。それが自分自身であっても例外ではない。もし話し掛けようものなら、一気に気まずいことになり、それから2度と会えなくなる可能性もある。それならば一切そんなことはしないでおこうと心に決めていた。ところが今日、その気持ちに揺らぎが出てきた。というのも、この2ヶ月間で初めて、その子がこの電車に乗っていなかったのだ。よく考えてみると、何の約束をしているわけでもないし、冬休みとか長い休みになってしまうことも考えてなかったし、もっといえば相手が何年生なのかもわからないのに、来年卒業してしまったらどうしようだとか、とにかく今日1日でいろんなことを考えた。その結果、それなら早いうちに、いつ会えなくなるのかもわからないのだから、会えた日に、話し掛けてみようと、そう決心した。
スポンサーサイト
2006.04/02 22:35| お洒落小屋Comment(2) |
コメント
| 2006-04-03 |kenbo #-URL[ 編集 ]
何か、感動してもうたやんけ!!ぼけぇ:3;

| 2006-04-04 |sakai #aIcUnOeoURL[ 編集 ]
kenboさん。
え!?感動するとこはどこにもないけど!?笑
でもありがとう★笑
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

HOME
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New Entries
Category
Monthly
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。