GOOD LUCK !!

過去を記すこと、未来へのメッセージ。 believe in myself

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--/-- --:--| スポンサー広告
思いがチャンスを呼ぶ。
ジョン・ウッド





意識ってすごいパワーを持ってる。


ココ最近、というか結局はいろんな経験の積み重ねやねんけど。
将来はバリバリ働いて稼いだお金で、学校に行かれへん子どもたちのために学校建てたり、奨学金を贈ったりできるようなことをしたいって、考えてました。
それができるできへんは、自分に挑戦してから決めようと。
自分がそれをできるに値するくらいの人間に成長できたら実行に移そうと。
とりあえず今は自分を磨くことを頑張ろうと。



そんな感じで就活しつつ、自分の闘うフィールド探しをしてるわけですけども。
日経ビジネスAssocieをたまたま購入しました。
ほんまたまたま書店に立ち寄って、就活してるし…
みたいな衝動的な買い物やってんけど。


そこで読んでたらびっくりしたわけ。
僕がやりたいと思ってることをそのまんまやってはる人がいてた。
その名もジョン・ウッドさん。
マイクロソフト事業担当開発重役の職を捨ててNPOを設立。
かっこよすぎ事件。
『Room to Read』というこの団体、初めて知りました。


ていうか知らんかったことがまず恥ずかしいんやけど、
俺みたいなやつが考えれることを世界中探してやってる人がおらんわけない。
でもなんか嬉しかった。笑
みんなもちょっと興味あったら見て欲しいと思います。
http://www.roomtoread.org/


推計8億5000万人が基本的な読み書きができないらしいです。
これは、世界人口の7人に1人という計算になります。
そう考えたらすごいことです。
この人たちが教育をしっかり受けて、社会のために活動すれば
どれだけ世の中が変わるのか。格差も少なくなるやろうし。


僕は不平等はあって当たり前だと思います。
でもその格差を生むのであれば、教育というスタート地点は
揃えるべきだと考えています。
そこから頑張るか怠けるかは個人の自由です。
それで格差が生まれるのならそれは自己責任やと思うわけです。


でもスタート地点が桁はずれに違うという現状はおかしい。
だから学校に行きたくても行けない子どもたちの支援がしたい。
それが世界・社会・個人への貢献につながる、と思ってます。
僕はそう信じます。



将来僕はこの人のように起業しなければならないと思ってました。
でも僕にはその器はないとも考えていました。だから…
正直これからどうなるかはわからへんけれども。


就職して自分を成長させて。
それだけの器を持った大人になれたら、
僕は『Room to Read』の扉をたたきたいと思います。


ゼロから作り上げる力はないけど、
あるものをサポートすることならできる。
それくらいの自分の可能性には挑戦したいと思います。




(でももしかしたら、僕は苦しんでる子どもたちを助けたいという思いよりかは、そういう人たちを安い労働力とか、使い物にならない人たち、みたいな風に扱っている世の中の一部の腐った人間を変えたい、という思いの方が強いのかもしれません。そのためにはどうすればいいのか、何ができるのか、ていうのは今考え中です。)
スポンサーサイト
2008.02/23 19:11| 未分類Comment(0) |
叱られなさい。
昨日の気付きは間違ってなかった。
でも甘いところもありました。


僕はなんてレベルの低い人間やろうか。
勘違いしてたらあかんよな。
お前に何ができんねんと。
ほんまにしたいことはなんやと。
その時せなあかんことはなんやと。


人生設計。
自分を生きる。
プライスレスをどれだけ作れるか。


叱られなさい。
2008.02/16 02:34| 未分類Comment(0) |
自信を失くすということ。
いくら世界を変えたいといっても。
世の中そんなに甘くない。笑


そんなわかりきったことでも、突きつけられると
案外すぐにへこんでしまうこのナイーブさ。笑


自分の好きな人に囲まれて、イキイキと仕事できたら幸せやろうな。
でもそれって、自分が嫌いな人を避けてるだけで、
変えたい世界から逃げてるだけで、
自分が言ってることと矛盾してるんちゃうかって。


ほんまは、絶対自分に合えへんとこにいって、
その会社を変えてやるくらいのことができへん奴には
結局何にも変えられへんのちゃうかって。


そういうジレンマに陥りました。




そして出た答えは、
「うん、俺の器はそんなに大きくない笑」


うぬぼれてました。危うくあほな決断するとこでした。
自分のできることといったら、すごく素敵な環境に恵まれて、
そこで成長して、その仲間たちと何かを変えようと企むこと。


何より、僕は仲間に恵まれてこそ、褒められてこそ伸びるタイプの
ダメダメな温室育ちなので、そこで自分なりに成長します。
しっかりとした野心を持ちながら。
そして、挫折したり失敗を繰り返して。
自分なりに納得がいったときに自分と違う世界に挑戦してやろう。


納得できるときがくるかどうかなんてわからんけど、
それができへんかったら悔しいやろうけど、
僕にはそうやって生きていくしかない。


悲しいけど、今の時点ではその程度。
とりあえず、今は。
2008.02/15 00:35| 未分類Comment(0) |
僕は怒っている
何のために企業は働くのか。
何のためにお金を稼ぐのか。


稼いだお金で何かすることに意味があるのに、
お金を稼ぐことが目的になってしまってる人がいる。


そのために安い労働力として人を雇う。
その人だって同じ人間やのに。
ある企業のトップはその労働力をただの駒としかみてない。
ちょっと待てや、と言いたくなる。





この世界にはいろんな経営ビジョン・理念・事業内容・人の企業がある。
これだけ多くの企業があれば、合う合わないの企業があるのも当然。
ほんで、それでええんやと思う。
逆にすべてが同じ方向に進んだら社会なんて成り立てへん。
この資本主義社会では。


でも。
なんとかならへんやろうか。
僕は自分が絶対に正しいと考えて人にいろいろ当てつけてくるやつが大嫌い。
そういう企業は世の中にはあほみたいにいっぱいあって。
でもそれも仕方ないことなんやろうか。


あーゆう人たちを変えられる人になりたい。
でもそれも僕の考えの当てつけになってしまうんやろうか。
複雑すぎるぜ、世界。


もともと世界の秩序とか自然とか風景とかって、すげぇ単純。
でもこれを複雑にしてしまうのは混沌とか邪心を隠すためなんかな。


これから社会人になって自分自身も実利主義に走ってしまうんやろう。
僕は絶対にお金持ちになります。
貯めたお金でやりたいことがあります。
今の時点では夢でしかないけど、いつか目標に変えて、実現します。


だから、企業マンになって現実色に染まっても、
たまには「なんとなく」とか「なんかええなー」みたいな感情を思い出して
大事にしていきたい。
2008.02/10 13:22| 未分類Comment(0) |
HOME
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
New Entries
Category
Monthly
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。